契印と割印

それでは次に、法人において印鑑を使用する場合の、その方法について紹介します。目的によって印鑑の押し方には様々な種類があり、使うべき印鑑にも違いがあります。まずここで紹介するのは、契印と呼ばれる種類の印鑑の押し方についてです。

契印というのは、契約書に対して押印する方法のことをいいます。複数ページにわたる契約書である場合、すべてのページのページの間に押印することによって、その契約書が1度で作製されたものであることを示し、改変をすることができなくするという目的があります。ビジネスにおいて契約というのは非常に重要な意味合いを持っているものであるため、確かに使用する必要がある印鑑となっています。また、この際には書名の末尾にも、この契印と同じ印鑑を押印することが必要になります。

もう一つの印鑑の使い方として、割り印というものがあります。これは、正本と副本の間に渡るように押すことによって、その2つが対になっていることを示すための印鑑となっています。後になってどちらかの内容が違っている、ということで問題になることがないように、確認が行われた証として押印が行なわれるのがこの割り印の特徴で、契約などの場面で使用されます。