法人の印鑑の種類

日本では印鑑を様々な用途で使用する場合があります。特にビジネスシーンにおいても使用する機会は多く、法人において必要となる印鑑というのも多くあります。ここではまず、会社で使用する可能性がある印鑑としてどのような種類のものがあり、それをどのようにして使用することがあるのか、ということについて紹介します。

会社で使用する可能性がある印鑑として、最初に紹介するのは実印についてです。実印というのは、法務局によって登録が行われており、印鑑証明書の発効が行われている印鑑のことを指しています。ゴム印タイプではなく、彫込で作ってあるタイプの印鑑でなければなりません。特に重要な印鑑であるため、十分注意をして使用する必要があるタイプの印鑑となっています。

会社で使用する可能性がある印鑑として、次に紹介するのは認印についてです。認印は法務局による印鑑登録が行われていないタイプの印鑑を指しているもので、基本的に苗字のみを彫り込んでいるタイプの印鑑となります。使用機会の多い印鑑の一つです。

会社で使用する可能性がある印鑑として、次に紹介するのは銀行印についてです。その名前の通り、銀行における様々な本人確認のために利用する印鑑のことを指しています。会社内では主に経理が持っています。

最後に紹介するのは、角印と呼ばれるものです。こちらは氏名ではなく、法人名が刻まれている野が特徴の印鑑となっており、前述のものとは性質に違いがあります。