消印と訂正印


ビジネスシーンでの印鑑の使用方法について、さらに他のパターンについて紹介します。次に紹介するのは、消印という印鑑の使用方法についてです。消印と言えば、やはりわかりやすいのは郵便局で使用されている場合でしょう。この場合は特に切手に対して印鑑が押されることになります。この消印の目的となっているのは、収入印紙に対して印鑑を押すことによって、それを再利用できないようにするためのものです。

ビジネスシーンにおいても、大きな契約を行う場合には収入印紙を押すことが必要となります。収入印紙は印紙税の支払いのための使用されているものであり、行政的に必要なものとなります。もし消印に押し忘れがあった場合、過怠税と呼ばれる税金が課税されることになるため、十分注意する必要があるでしょう。

ビジネスシーンでの印鑑の使用方法について最後に紹介するのは、訂正印についてです。これは、契約書などの正式な文書の内容について変更が行われた場合、それを取り消して書き直す際に押印するものとなります。契約の甲乙どちらかが勝手に契約書を改変することがないようにするために必要となる押印となっています。正式文書だけではなく、通常文書においても使用されることがあります。